2008年01月01日

マッスルトレーナー

運動時に使われるエネルギー源の基本的な栄養素には、主に糖質・脂質・蛋白質のいわゆる三大栄養素なのです。運動中など体を動かすのに必要なエネルギーは、運動の仕方によって変わってきます。瞬発的で息を止める無酸素運動運動ではそのエネルギー源は、主に糖質と脂質もエネルギー源になります。

かたや、持久系とよばれる、水泳や軽いジョギングの主なエネルギー源は脂肪です。つまり、ダイエットには有酸素運動を行う方が効率が上がるわけです。基礎代謝とは、普段に生活するにおいて消費されるエネルギーのことです。

マッスルトレーナーを履いて歩くことで、通常の靴よりも効率的に有酸素運動が行えますので、エネルギー消費量が上がります。なおかつ、毎日ウォーキングを続けることで、体重あたりの基礎代謝量が高まるのです。有酸素運動が効率よく行われているかの目安として心拍数と酸素摂取量です。通常のシューズよりも3倍〜4倍の重さがあるマッスルトレーナを使用することにより、同じ運動量でも、心拍数・酸素摂取量が約25.5パーセントも上昇します。通常の靴よりも脂肪を消費する効率が良いことが、はっきりとしています。



posted by 口コミ情報収集隊 | 商品の評判・口コミ(クチコミ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。