2008年01月01日

青汁

青汁は、いくつかの種類のものが販売されていますが、材料はどれも同じものというわけではないのです。青汁とは、緑黄色野菜をすりつぶし搾りだして出た汁のことをいいます。その材料が緑黄色野菜であればいいわけで、どれかに特定されているわけではありません。

青汁の材料には、ケールや大麦、いぐさ、ゴーヤなど、さまざまです。このような体にはよさそうな材料からできる青汁ですから、栄養分や食物繊維をたっぷり含んでおり、飲むだけで簡単に栄養補給ができるというわけです。

けれどもそんな青汁は、にがみや渋みがあってまずいために飲みにい、という印象が強く、それというのもこれらのとてもおいしそうには思えない材料のせいということも言えるでしょう。飲みにくさは子どもならばなおさらで、栄養が豊富だといったところで、おいしくなければ当然口には合わないものになってしまいます。

味に関しては好き嫌いがありますから、仕方ないですね。健康食品でありながら、その決して万人向きではない味のせいでなかなか受け入れられなかった青汁ですが、CMが効を奏したことや、飲みやすい味に改良されたこと、そして世の中で健康のためになにかをしようという風潮が高まって、徐々に人気が上がってきました。

今は飲みやすいタイプのものがたくさん販売されていますから、いろいろ試してみてはいかかですか。一日に必要な緑黄色野菜は120g以上です。毎日に食事からこの量を摂取するのは大変です。ならば手軽に摂れる青汁を利用したいですよね。

今ネットの通信販売で売られている青汁は価格も安めで、さらに飲みやすい味になっており、大変売れている商品です。ずっと飲み続けるならこれ、と決めている人が増えているようで、それだけおいしいということなのでしょう。


posted by 口コミ情報収集隊 | 商品の評判・口コミ(クチコミ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。